専業主婦で夫に知られずに中堅消費者金融でお金を借りれる方法

毎日の家事や育児、家計のやりくりなど世間一般が思うより多忙な専業主婦ですが、どうしてもお金が必要な場合がありますよね。

夫の稼ぎが少なくなってしまったり、予想外の出費が嵩んだり。そんな時に「専業主婦でも夫に知られずに中堅消費者金融でお金を借りることはできるのか」?

専業主婦でも消費者金融でお金を借りることはできます。

ですが、パートやアルバイトをしている、要するに安定した収入があることが条件であったり、配偶者貸付を利用すれば可能なのです。

そうです、専業主婦で働いてなくて、収入が一円もない場合は夫にバレずにお金を借りることは難しいのです。

中堅消費者金融のサイトや広告を見て、「主婦でも融資可能!」という文言を見たことがああると思いますが、よく見ると小さい字で「安定した収入があれば申込できます」と書いてあり、やはり仕事をしていない専業主婦は夫にバレずにお金を借りれないというのが現実です。

「絶対にご主人にはバレません!」

と言い切っている業者は闇金の可能性があるので気をつけてください。

借りるのに少し条件がありますが、専業主婦でも消費者金融から借りることができる方法をご紹介します。

専業主婦が中堅消費者金融からお金を借りる方法

専業主婦が消費者金融から借りることができる方法は配偶者貸付を利用するのです。

この方法を使うことで、仕事をしていない専業主婦でも中堅消費者金融からお金を借りることができます。

配偶者貸付とは

専業主婦で収入がない場合でも、収入のある夫の年収を基準に収入の1/3までの総量規制内でお金を借りることができる制度です。

一緒に生活している夫に同意書を書いてもらう必要があり、戸籍が同一である証明のために住民票などが必要です。

ただ、借りるのは主婦であるあなたのため、支払いは夫ではなくあなた自身に支払い義務が生じます。

夫にバレずにお金を借りるのは正直難しいのです。

専業主婦に中堅消費者金融が厳しい理由

消費者金融が専業主婦個人に対して配偶者貸付なしで融資しないのは、総量規制というルールがあることが大前提ですが基本的に収入のない人にはお金を貸してはくれません。

専業主婦だけではなく、ニートや無職のプータローにも当然貸しません。

そもそも中堅消費者金融のキャッシングは、無担保、保証人なしの貸付なので金融業者側からからすると返済能力のない人には絶対貸さないのです。

なので返済能力のある夫に配偶者貸付を依頼したり、両親などの保証人や不動産担保などの条件を出してくるのです。

もしすんなり夫にバレずに中堅消費者金融からお金を借りることができると言われた場合は本当に注意してください。

表面上は優しく振舞っていますが、いざとなれば夫にバラすぞ!と脅され、とんでもないことになる可能性もあります。

専業主婦でも借りやすい中堅消費者金融はここ!

この配偶者貸付を利用してお金を借りることができる中堅消費者金融は思っているより少ないのです。

オススメは女性専用受付を完備しているこちらの会社です。

30日間無利息のレディースフタバ

女性スタッフに対応してもらえるので安心ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする