パチンコで負けてお金ない!という方でも今すぐに借りれる方法

パチンコに負けてどうしよう!お金ない!と困っている方。

もう消費者金融で貸してくれる会社もない。ブラックになってしまって審査に通らない。

行き着く果ては闇金に借りるしかない。。。

なんてことになってしまっていても絶対に闇金には借りないようにしてください。本当に人生が終わってしまいます。

そんな場合は「給料ファクタリング」という方法でお金を借りましょう。

最後に書いているのでチェックしてね。

パチンコに負ける理由

パチンコ負けたお金ない画像

そんなこと分かってる!誰もが負けたくてホールに行ってるんじゃない!という声が聞こえて来そうですが、僕自身も大学生の頃パチンコやスロットにハマってトータル大きく負け越しました。

でもあの掛かった瞬間が楽しいんですよね。

シャキーン!!ってなるあの音。

周りのお客さんが振り返ってちょっと舌打ちする雰囲気w

隣のおばちゃんが「いいねーおにーちゃん」と声をかけてくれるので、あとでコーヒーを奢っちゃう。

その瞬間はもう財布にお金が増えたことを確信するのです。

ですが。。。

そうです、そのまま飲まれること数え切れず。

勝ち逃げできる時もありますが、圧倒的に負け越しなんですよね。

その理由は当然ですがこれ。

パチンコ屋の控除率(ハウスエッジ)

やってる方は薄々気が付いているとおもますが、胴元であるパチンコホールのテラ銭はすごいのです。

パチンコホールの土地の賃料に始まり、従業員の給料や電気代、パチンコやスロット機の購入金額など全ての経費を差し引いて、さらに利益を載せるのです。

控除率という難しい言葉を使いましたが、要するに絶対にパチンコ屋が経営していく上で必要な金額はどれだけの割合かということです。

パチンコ屋の平均控除率は10%〜12%となっています。

お客さんが1000円投資した瞬間に100円〜120円はホールに確実に回収されるという確率です。

残りの90%前後を全てのお客さんで取り合っているのです。

なので全員平均したら絶対に負けるのです。

勝てる人は1割

「まぁ俺は勝つけどね」というパチプロがほとんどの利益を持って行ってしまい、一般客は負けを食らうようになっているのです。

勝つためには前の日の晩からデータを解析して、朝一番に並んで、一日中ホールで機械をぶん回す必要があるのです。一般人には無理ゲー。

このパチンコ屋の控除率が90%前後ということは負ける人が90%で、勝つ人は10%ということと同じなのです。

パチンコに負けてお金がないという場合の対処方法

パチンコに負ける理由なんてどうでもいいですよね。

今お金がなくて困っている状況をなんとかしたいという方!

使ってはいけないお金をパチンコ台やスロットに飲まれてしまったという時は、「給料ファクタリング」という方法でお金を工面しましょう。

この給料ファクタリングは今あなたが働いている会社やバイト先でもらえる給料を先に買い取ってくれるサービスなのです。

「給料の前借り」と言ったが分かりやすいかもしれませんが、ちょっとだけ違うのが「会社にもバレない」という点です。

誰にもバレることなく来月の給料を先に現金化できる手法であり、消費者金融やサラ金にお金を借りるのとは違うために審査が全く違います。

金融ブラックな方でも大丈夫ですし、魅力は即日融資してもらえるところ。

今すぐにパチンコで負けてしまった金額を補填することができますよ。

今すぐにお金を工面できる給料ファクタリングの詳細

全国どこでも対応してもらえますし、他で借りることができない方には強い味方です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする