失業保険を担保にお金を借りることはできるのか?

仕事を辞めてからハローワークに通っている時に給付してもらえる失業保険、認定日があって自分の好きな日にはもらえませんよね。

基本的には退職してから三ヶ月後に3ヶ月間、以前働いていた職場の給料の約7割程度のお金がもらえるのですが、どうしても急にお金が必要になったという時にこの失業保険を担保にお金を借りることができるのでしょうか?

失業保険を担保に融資してくれる会社はあるのか

今すぐにどうしてもお金が必要になってしまった、事故や怪我での入院、借金の返済や冠婚葬祭で出費がかさんで生活が立ち行かなくなってしまうなど、理由はたくさんあると思います。

さらに失業中で入ってくるお金を言えば失業保険だけ。

でも認定日までまだ二週間もある。

そんな時に失業保険を担保にお金を貸してもらえればこの急場をしのぐことができるんだけど。。。

と考えているかもしれませんが、結論から言うと失業保険を担保にお金を借りることはできません。

20万円以上もらえるのにダメなの?絶対にもらえて返済できるのに!

と言う場合でもお金を借りることはできないのです。

失業保険をもらっていると言うことは「失業中」であり、言い換えれば無職。

失業保険金か給付金であって労働に対する収入ではないのです。

収入はゼロということになり、どの金融機関であっても、中小のサラ金であっても収入0円の無職の状態では審査に通らないし、融資はしてくれません。

仕事を少しでも早く探して、給料をもらえる状態になればその時にまたお金を借りることはできますよ。

失業中でもお金を工面する方法「入社祝い金」「前給」

失業保険を担保にお金を借りることはできませんが、ハローワークに通っている状態で、今すぐにでもお金を用意したい場合は「入社祝い金」のある会社の仕事に就くことができれば、働き出す前に先にお金をもらうことができます。

働く前に入社祝い金なんてもらえる会社があるの?とびっくりする方もおられるかもしれませんが、「自動車期間工」という仕事は入社祝い金が貰えて、住み込みで働くことが可能であり、一定期間働くと貯金もできる人気の仕事なのです。

トヨタや日産、マツダやダイハツなど自動車メーカーの工場で働くこの期間工、失業中でも祝い金でお金を早く用意できるのでオススメですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする