中央リテールは怪しい?闇金と公式サイトの違いを徹底調査!画像あり

「中央リテールってあまり聞いたことのない名前だし怪しい!」
「中央リテールって闇金なんじゃないの?」

上記のように思っている方も多いのではありませんか?
確かに中央リテールは大手の消費者金融ではありません。知名度がそれほど高くないので、疑われてしまうこともしばしば。

しかし安心してください。
中央リテールは正規の消費者金融であり闇金ではありません。

こちらでは中央リテールが「怪しい」と思われてしまう理由、さらには正規の金融業者かを確かめる方法についてもお教えします。

中央リテールの利用を考えているけど怖くてなかなか一歩を踏み出せない、というかたは必見です。

中央リテールは怪しいと不安な方

なぜ中央リテールは怪しいと思われてしまうのでしょうか?
その理由の一つに「知名度」があります。

「アイフル」や「モビット」、さらには「プロミス」や「レイク」といった知名度のある業者であれば心配なく利用できますよね。「テレビコマーシャルでも見かけたことがあるし、闇金のはずがない」と思うのではありませんか?

しかし中央リテールの知名度は高くありません

一応は全国対応しているのですが、契約時に東京にある店舗に赴かなければなりません。よって実質的に首都圏を生活圏としている方でなければ利用は難しいのです。結果、地域によっては全く知られていない、ということに。

さらにもう一つの理由に「ブラックでも審査が通過した実績あり」というものがあります。

確かに多数の業者から借り入れしている方でも審査を通してくれるのが中央リテールです。しかし審査はしっかりと行いますし、返済能力がない、と判断されてしまえば当然審査落ちです。

そもそもおまとめローン専門の消費者金融なので、多重債務者の方が利用するローンしか取り扱っていません。そんなこともあり「ブラックでも利用可能」といった話が出てきてしまったようです。

中央リテールを装った闇金がある

中央リテールが怪しまれてしまう最大の原因が「同名の闇金」の存在です。
中央リテールの闇金サイトが実際に発見されており、誤って利用してしまう事件も起きています。

闇金サイトは、巧妙に作り込まれています。
しかし全て一緒ではありません。

この画像は実際にスマホで検索すると出てくる中央リテールを模倣した「リテール」という屋号の闇金サイトです。

ロゴも似ていますし、サイトデザインの雰囲気もそのままです。

画像の上部のURLを見ると「02355.finder-note.com」と公式サイトとは違うサイトに誘導されているのがわかります。

現在中央リテールでは「おまとめローン」しか取り扱っていません。しかし闇金サイトではおまとめローン以外も取り扱っており、若干内容が異なっています。

※以前は中央リテールもおまとめローン以外の多目的ローンを取り扱っていました。闇金は古い情報をそのままコピーして偽サイトを作っているのです。

内容が異なっているということは、見抜ける、ということでもありますよね。中央リテールを深く理解していれば騙されることはありません。

ちなみに闇金は貸金業登録をしていません。貸金業登録をすれば「貸金業登録番号」が交付されます。申込み前に必ず登録されている業者かを確認する癖をつければ、被害にあうこともなくなりますよ。

もちろんですが中央リテールでは、貸金業登録番号も日本貸金業協会の番号も公表しています。

<中央リテールの登録番号>
登録番号・・・東京都知事(4)第31283号
日本貸金業協会・・・会員番号005560号

※中央リテールの公式ページより(2019年3月現在)

登録番号の()内の数字に関しては更新ごとに増えていくのでずっと一緒というわけではありません。初めて登録したときに「(1)」となり、3年毎に1ずつ増えていきます。

中央リテールのスマホ版公式サイトデザインはこちら

中央リテール公式サイト画像

公式サイトのURL表示https://chuo-retail.com/も間違いなく、ページをスクロールして下部まで行くと

中央リテールの貸金業登録番号表記あり

貸金業登録番号や貸金協会の登録番号の表記がしっかりとされています。

闇金と間違えないように確認してください。

正規登録貸金業者の確認方法

金融庁のホームページを活用してください。
サイト内には登録貸金業者情報検索サービス(https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/)と呼ばれているものがあります。

そちらに登録貸金業者情報検索入力ページ(https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php)なるものがあるので、「称号・名称」のところに「中央リテール」と入れて検索してみましょう。

登録番号は「東京都知事(4)第31283号」であり、日本貸金業協会会員番号は「第005560号」と出てきますよね。中央リテールのホームページに掲載されている番号と一緒です。一緒ということは金融庁に認められている正規の登録業者ということです。

こちらが登録貸金業者情報検索入力ページで検索結果に出てきた中央リテールの正式情報です。

金融庁に認められている貸金業者ということがはっきりとわかります。

もう一つ注目すべきは登録番号の()内の数字です。
()内の数字が「1」の場合には、闇金の可能性が少なからずあります。闇金は悪徳な商売をしているので更新をしようとしても認められません。よって3年毎に会社を整理して更新しないようにしているケースもあるのです。

しかし()内の数字が2以上であれば、少なくても1度は金融庁から更新を認められている、ということに。要は正規の業者なのです。

中央リテールの()内の数字は4なので、すでに3回は更新を認められています。よって何も心配することはありませんよ。

中央リテールは安心

中央リテールは闇金ではありません
金融庁が認めている正規の消費者金融です。

闇金ではないということは、貸金業法も守っています。
法外な利息を取ることもなければ、違法な取り立てをすることもありません。

実際に中央リテールでおまとめローンを利用した方の口コミなども掲載しています。

闇金であると疑って申込みができなかった方は、安心して審査を受けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする