水戸クレジットは闇金!?正規登録のカードローンキャッシング会社なので大丈夫です!口コミ評判あり

水戸クレジットは闇金ではない正規の金融・融資会社なので安心して申し込みできますよ!

貸金業に必要な金融庁への登録を正規に行っている金融業者で、来店できる関東近郊対応でのキャッシングに力を入れております。

24時間対応のネット申し込み可能で、初回融資は来店での書類審査と融資!

来店すれば即日も可能なスピード審査してもらえる融資会社ですが、テレビコマーシャル(youtube動画)を放送していても大手消費者金融よりは水戸クレジットの知名度はまだ低いので

「闇金じゃないの?!」

なんて勘違いされる方もいるかと思います。

同じ商号を無断で利用する闇金サイトや似たような名前を使って成りすましている悪質業者が存在したり、大手消費者金融以外の中堅や街金・サラ金は違法業者だ!なんて悪いイメージや先入観も影響しているのかもしれません。

中堅消費者金融で全国的には知られていませんが、水戸クレジットが正規の金融会社である事をしっかりと確認して、申し込みの際に闇金サイトと間違えたりしないようにしてください!

正規キャッシング業者の水戸クレジット

まずはホームページデザインから

mito01

スマホデザインも同じものを使っています

会社名:水戸クレジット
住所:千葉県市川市市川1-2-5NTビル4階
電話番号:0120-515-310
登録番号:千葉県知事(3)第03871号
協会番号:第005442号
代表者:土子操
ホームページ:https://www.mito-credit.com/

水戸クレジットが闇金でない証拠はこちら!

国内で貸金業、キャッシング業務を行うには金融庁に届け出て、許可をもらわないと営業できないのです。

許可がもらえたら「貸金業登録番号」という免許番号なるものが与えられ、ホームページや広告にも掲載しなければなりません。

貸金業登録番号を検索

この水戸クレジットの貸金業登録番号を確認すると

「千葉県知事(3)第03871号」

となっているのでこの番号を金融庁の貸金業登録業者のデータベースで検索をしました。

個人運営である株式会社水戸クレジット名義での登録を発見!

mitocredit01

住所も電話番号も、貸金業協会番号もホームページと同一のモノが登録されています。

水戸クレジットは国に認められている貸金業者である事が分かりますね。

電話番号も調べてみた。

貸金業であるキャッシング・消費者金融では営業や広告に利用する電話番号も届け出をしている番号しか使えません。

ちなみに携帯電話番号は登録不可能!090や080を使っている時点で闇金(090金融と呼ばれる)です。

ベルーナノーティスで使っている電話番号はフリーダイヤルが用意されています。

これも検索して調べてみる。

mitocredit02

フリーダイヤルとそれ以外の番号全部が登録済です。

水戸クレジットからの電話は絶対にこの番号からしか掛かってきません。

それ以外の番号から掛かってきたら出なくていいので分かりやすいですよね。

実際に電話をかけてみた。

ホームページごと全部コピーして電話番号だけこっそり変える悪質闇金がいるので、実際に電話を掛けて確認してみたよ。

「ありがとうございます水戸クレジットです!」と若い男性が応対に出てくれたよ!

屋号である社名もしっかりと名乗ってくれる。

闇金はほとんど男性が低い声で「ハイ。」もしくは「融資の件ですか?」しか言わない。

それと比べると全く違うということがこの対応だけで分かるよ。

2.3質問したけど丁寧に答えてくれましたよ。

水戸クレジットのまとめ・口コミ

キャッシングの水戸クレジットは貸金・金融業を行う上での登録事項をすべてクリアしている正規消費者金融である事がはっきりと分かりました。

水戸クレジットの口コミ評判の詳細

融資方法や融資額、金利や返済、業務内容についても法律の範囲内で行う合法な会社で、安心して申し込む事ができます。

今回紹介したホームページからの申し込み、融資依頼は大丈夫です。

似たような屋号やデザインを使ったニセモノサイトには気をつけてくださいね。

千葉県以外の場所からの融資は可能かどうか聞くと「初回融資は来店が必須なので千葉県市川市に来られる方なら融資可能です。」と教えてくれました。

2回目以降の融資は来店不要で振込キャッシング対応してもらえるという事ですよ。

口コミの他社で断られて方でも柔軟に対応してくれるというのは本当でしたよ。

比較的新しい融資会社ですが対応は良く、審査スピードも早くて助かりました。

申し込みの際には闇金と間違わないようにサイトURLやデザイン、会社概要を確認してキャッシング依頼をしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする