消費者金融チェックNAVI

消費者金融でお金を借りる前にその金融業者大丈夫?口コミを調べることも大切ですよ!正規業者か闇金かであなたの人生大きく変わります。

消費者金融の審査に落ちた原因を知りたい!信用情報開示で記載内容をチェックし訂正も可能

消費者金融やカードローン、キャッシング・クレジットカードの審査に落ちてしまった時や否決になった時、今後も同じ事が続くのか不安になりますよね。

そんな時は自分の信用情報の開示を行い、原因を究明しておきましょう!

申し込みをして返事がなかったり、融資できないと言われた場合ほとんどの方は「なぜ審査落ちしたのか分からない」という状況になります。

自分自身で何となく「あの件が原因で審査に通らないんだな」とわかる人はいいですが、そうでない方は本当にびっくりしますし原因を知りたくなるのは当然です。

貸金業者も審査否決にした利用を教えてはくれません。

という事で信用情報の開示をお願いすることによって不安を解消しましょう。

スポンサードリンク

信用情報とは

通常であれば消費者金融やキャッシング会社、クレジットカード会社はJICC(日本信用情報機構)やCIC(指定信用情報機関)に加盟しています。

ココに登録されている個人情報から過去に自己破産などの債務整理等の金融事故がないか、未払いや遅延などの情報を得て審査をしています。

過去に自己破産や債務整理を行った事がある人を「ブラック属性」などと呼びますが、ブラックリスト成るものは存在しているわけではなく、この信用情報に書き込みがたくさんある状態を「真黒だな。ブラック!」という事から来ている言葉なんです。

この信用情報に書き込まれる情報は基準が決まっており、支払いの延滞は1年、債務整理等は5年間記録されるといったふうに金融事故を起こしてからの経過年数で書き込み情報を消すという事も決まっているのです。

ですが過去に書き込まれたこの信用情報が誤った状態で放置されている、経過年数後も消されていない、といった事が発生すると

「絶対大丈夫だと思ったのに審査に落ちた!」

なんてことが発生しうるのです。

自分自身で審査に落ちる原因が本当に分からないという場合はこの信用情報の書き込みの不具合がある場合があるのです。

間違った信用情報をもとに審査をして落ちた、否決になったという事では本末転倒です。

今後もキャッシングをしたりローンを組んだりする時に必ず障害になってくる可能性があるので、おかしいなと思った時は確認が必要です。

信用情報の開示請求

JICC(日本信用情報機構)やCIC(指定信用情報機関)ではどのような事が書かれているのか調べる事ができるのです。

消費者金融にお金を借りるといった事以外に、クレジットカードを作りたい、結婚前に自分の信用情報を確認しておきたい、住宅ローンや自動車ローンを組む前に調べておきたいなどたくさんの理由があると思います。

そういった時にめんどくさい信用情報開示を代理で行ってくれて、内容を説明してもらい、不備があれば訂正依頼もしてくれる専門の司法書士があるのです。

ココにお願いすれば自分がなぜ審査に落ちたのか、ある程度の原因が特定できるのです。

信用情報開示ならアヴァンス行政書士

消費者金融やクレジットカードなど金融関連の申し込みは連続で行うと「申し込みブラック」といってより審査に通りにくくなる場合があります。

そうなってしまう前にまずは審査に落ちた理由を調べましょう。

スポンサードリンク

 

-口コミ