アイフルは闇金?!正規の消費者金融ですよ!勘違いの理由と闇金との違い

アイフルは闇金ではないのか?!と勘違いしている方が思うのほか多いのですが、実際は金融庁に正規の登録を行っている、法律をしっかりと守って営業している消費者金融なので安心して利用できます。

アイフルは闇金のような取り立てや違法金利で貸し付けをしているのではないか?!という事を心配されている方が結構多い事が知恵袋などを見ていてわかりました。

大手消費者金融のアイフルでは違法行為などは無く、金利も法定金利内であり、正当な営業を行っているので安心してください。

なぜ闇金業者のような行為を行っているのか?という勘違いやイメージがあるのか!という事を掘り起こし、そうではない事を確認し安心して申し込みができるよう解説してみたいと思います。

なぜアイフルは闇金と思ってしまったのか

アイフルに限らず、大手消費者金融をはじめすべての貸金業者は2010年までグレーゾーン金利と言われる出資法で上限とされている年率29.2%と利息制限法の上限である20.0%間の金利の取り扱いがはっきりとしていませんでした。

そのため現在過払い金請求と言われる行為が行われ、そのためアイフルやそのほかの大手消費者金融も「多く金利を取っていたのか!けしからん」という事で闇金と同じじゃないか!というイメージが付いてしまったのです。

ですが実際はアイフルも他の貸金業者も2010年までの法律はしっかりと守っていたのです。違法行為は行っていないのです。

当然現在も法律はシッカリと守って営業していますよ。

実際の闇金とは

本当の闇金業者というのは法律を全く守らない、貸金業を行う事ができない未登録業者の事を指します。

出資法や利息制限法で決められている上限金利をはるかに超えるトサンやトゴ(10日で3割や5割)の金利で貸し付けを行ったり、融資すると見せかけて先に保証金や手数料を振り込め背用としたり、携帯電話を買うと信用情報がクリアになるなどとウソを言って買い取るとウソの詐欺を行ったりします。

貸金業登録も行わないで犯罪行為を行っているのが闇金融業者という事なんです。

アイフルになり済ましているヤミ金がいる

大手消費者金融に成り済まして申し込みをさせて個人情報を盗ってやろう、弱みを握って脅してお金を巻き上げてやろう!という悪質な闇金サイトが確認されています。

全く同じ商号である「アイフル」と名乗っていてもホームページのURLや会社概要、貸金業登録番号の確認などを行い、間違わないようにしてください。

アイフルが闇金ではない証拠

アイフルは金融庁に登録を行っている正規の消費者金融であるという証拠は、金融庁が公開している「貸金業者情報登録ページ」を検索すればすぐに分かります。

検索すると情報が出てきました。

f:id:star74:20160304131829p:plain

貸金業登録番号や住所、電話番号などすべての会社情報が金融庁に登録されており、正規の許可が下りて貸金業を行っている事が分かります。

公式ホームページはのデザインは2016年現在こんな感じです

f:id:star74:20160304132216p:plain

バナナマンのお二人がメインキャラクターでテレビコマーシャルも行っていますよね。

スマホサイトは少し雰囲気が変わります。

f:id:star74:20160304132300p:plain

アイフルのキャラクターの「ルフィア」が出てきたり、奇麗な景色だったり、アクセスするたびにトップページの画像が代わります。

ややこしいので統一した方がいいのにね(笑)

どちらもサイトURLを確認すればaiful.co.jpとなっています。

初めてお金を借りるなら大手消費者金融のアイフルに

アイフルが闇金ではない事はわかってもらえたと思います。

クレジットカードのキャッシング枠が一杯になった!返済にどうしても今月だけ5万円必要!そんな時にはアイフルだと安心して借りる事ができます。

大手消費者金融は金利も安いですし、アイフルは2016年の2月28日から「30日間無利息サービス」を始めました。

初めてアイフルで借りる方なら、借りてから30日以内に返済すると無利息なんです!

給料日までのつなぎに是非どうぞ。

くれぐれも闇金と間違わないように、シッカリと確認してから申し込んでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする