東日本銀行のカードローンである「ゆあポケットⅡ」審査落ち!てもこのカードなら審査可決可能性大

東日本銀行のカードローンである「ゆあポケットⅡ」の審査に落ちてしまった!否決になったという方、他の銀行の違う保証会社のカードローンに申し込めば審査に通ってお金を借りれる可能性が高いですよ!!

東京都の東日本銀行カードローンに申し込んだけど色よい返事が貰えなかった、否決でカードを作れなかった方。

なぜ審査に落ちてしまったのか理由を銀行は教えてくれません。

「あー、あの支払い遅延が原因なんだな」とか過去に金融事故の経験があるとか自覚があればいいのですが、

否決の理由が分からない、見当がつかないという方にとっては今後の事もあるし、なぜ否決になったのか不安ですよね。

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の審査について

銀行系カードローンは基本的に担保も保証人も必要なし!という手軽さが受けて最近どんどんと広がってきています。

higashinihonyouepoket

ですが実は保証会社というモノを銀行側は用意しているのです。

そうです、銀行はもし貸しつけた債権者が返済できなくなった場合はその保証会社に返済をしてもらうためなんですよね。

当然カードローンで借りた分の毎月の返済の金利にその保証会社への保証料金も含まれているという事なんです。

返済できなくなって代わりに保証会社に払ってもらうと、今度はその保証会社からの請求があなたにまわってくるのです。

という事で審査で重要なのは

「東日本銀行のカードローンである「ゆあポケット2」の保証会社に嫌われていないかどうか

という事になるんですよね。

東日本銀行のカードローンである「ゆあポケット2」の保証会社

カードローン審査時に重要な保証会社ですが、東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が保証会社となっているのです。

あの消費者金融のプロミスを運営している会社で、東日本銀行カードローンの審査に大きな影響を与える会社なのです。

審査落ちになったのはこのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社がOKを出さなかったという事が原因の一つなんです。

大きな金融事故でJICCやCICといった信用情報機関に記載する程の事案がない場合、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の社内情報に小さな否決理由があるはずなんです。

なのでSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは違う保証会社を使っている銀行カードローンであれば審査に通過する可能性が高くなるのです!

東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」とは違う保証会社の東京都民銀行のカードローン!

同じ東京の地方銀行である東京都民銀行のカードローンの「パーソナルカードローン」の保証会社は「とみん信用保証㈱」なのです!

東日本銀行カードローンのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは違う審査を行ってくれるのは当然で、東京都民銀行の審査ととみん信用保証㈱の審査を受けることになります。

とみん信用保証㈱内にはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の社内情報は共有されていないので審査に通る可能性が高くなります。

どうしても現金が必要だ!消費者金融や闇金ではなく、銀行系のカードローンの安い金利で借りたい!そんな時、東日本銀行カードローン「ゆあポケットⅡ」の審査に落ちても東京都民銀行のカードローンの「パーソナルカードローン」に申し込めば融資可能性がありますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする