福岡県の消費者金融「株式会社エクセル」の融資詳細情報・口コミについて

中堅消費者金融の「キャッシング・消費者金融エクセル」は全国どこからでも来店不要でネットキャッシング出来る金融会社ですよ!

福岡市博多区博多駅前に本社があるキャッシングのエクセル、地元福岡県で長く営業していますが、全国展開の振込キャッシングサービスに力を入れ出したのは比較的最近であり、まだまだ知名度が低いのですが、大手消費者金融で借りれなかった方を助けてくれる、ブラックでも審査してくれる融資会社なんです!

この株式会社エクセルはどのような方が申し込んでいるのか?!可決しやすいのか?!融資限度額や金利、融資実行までどれくら時間がかかるのか、など詳細や分からない事が多いですよね。

という事で実際に株式会社エクセルに聞いた事、体験した事、実際に申し込みされた方の口コミでの評価などを総合して細かい部分まで紹介していきたいと思います。

キャッシュサービスの株式会社エクセルのメリット・デメリットも包み隠さず書いていきますよ!

ネットキャッシングに力を入れ始めたこの株式会社エクセル、新規顧客をたくさん取りたい!という事は間違いないので審査可決のチャンスですよ。

申し込み前に参考してくださいね。

正規登録の消費者金融株式会社エクセル

パソコンのホームページデザインはこんな感じです、少し古いデザインですが間違いなくホームページ上から申し込み可能です。

株式会社エクセル

スマホも同じデザインでを採用しています。

会社名:株式会社エクセル
住所:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5番10号TKビル9階
電話番号:092-433-7371
FAX番号:092-433-7381
登録番号:福岡県知事(3)第08636号
協会番号:第005568号
代表者:瀬戸口和弘
ホームページ:http://www.excel-f.com/

消費者金融キャッシングエクセルのメリット・デメリット

まずはキャッシングエクセルの良いところと、大手消費者金融と比べると少し劣るな、という部分を紹介!

メリット

おススメポイントはココ

全国対応で振込キャッシングが可能

福岡県にあるエクセルですが、日本全国どこに住んでいてもネット申し込みでの融資依頼が可能で、審査通過すれば自分の銀行口座に即時振込してくれます。

大手では当然のこのサービスですが、地方の中堅消費者金融では数十社しか行っていない大手と同等のサービスですよ。

フリープランという、使途自由の融資商品があります!

5万~50万を基本枠として、担保・保証人も原則不要

300万円までの借換ローンの取り扱いもあるので、複数の消費者金融から借りている人なら、毎月の返済額の軽減を図れます。

銀行以外でおまとめローンを取り扱っている中堅の消費者金融は珍しいので、エクセルの借換ローンも人気が高いです。

店舗が3店舗あります

博多本店だけでなく、久留米支店と小倉支店があるので来店して融資を受けることも可能になっています。

何と、最短30分で審査が終了するので、急ぎでお金が必要な人の力強い味方になってくれます。

そして、やはり一番のメリットと言えばコレですよね。

エクセルは大手消費者金融の審査に落ちた、否決になった方でも融資審査をしっかりと行い、可決する可能性が高いのです。

信用情報は同じCIC等を閲覧していますが、審査基準が大手とは違います。

現在3社以上に借りてしまっている、過去に債務整理や自己破産の経験がある、という方でも審査の土俵には乗せてもらえます。

現状の収入や状況を見て判断してもらえるのでチャンスありますよ。

特にネットキャッシングに注力しているので審査も緩和されています。

デメリット

大手と比べるとどうしても劣る部分もあります。

コンビニATMと提携していないので利便性が悪い

大手の消費者金融とは違い、コンビニのATMでお金を借りたり返済したりする事が出来ません。

返済の際は、毎回株式会社エクセル指定の銀行口座に振込する必要があるので利便性は悪いです。

金利が高い

エクセルのフリープランの実質年率は15.00%~20.00%となっています。

上限金利20.00%が適応される可能性が高いので大手の消費者金融と比較すると少々割高になります。

申込資格

20歳以上60際未満で定期的に収入のある方が対象になっています。

パートやアルバイトでもOK、主婦も融資対象になっていますよ。

過去に金融事故があったり、ブラックの方でも申し込み可能です、ただし他社の返済が遅れている人は申し込み不可になっています。

担保や保証人も原則不要ですよ。

金利と融資限度額

消費者金融のエクセルの融資金利(実質年利)と融資限度額はこちら

金利(実質年利) 遅延損害金年率 融資限度額
フリープラン 15.00%~20.00% 20.00%以内 50万円まで

金利について

キャッシングエクセルの契約利率(実質年利)は15.00%~20.00%となっています。

初回融資の場合は上限金利での融資の可能性が高いと思われます、ただし一度完済すると次回からは金利の交渉が可能ですよ。

大手の消費者金融と比較して金利が高いのは、審査が甘めのために仕方ないと思われます。

融資限度額

融資可能額は50万円までです。

基本的に小口融資をメインにしているエクセルは限度額を抑え目に設定していますが、おまとめローンも取り扱いしているので、複数の消費者金融から借り入れしている人は相談してみてもいいと思います。

小口をたくさんの人に貸しつける、という薄利多売なので、ブラックでも貸してもらえる可能性も上がりますよ。

消費者金融株式会社エクセルのホームページでは、会員マイページが用意されているので、すぐに自分の借りられる限度額がわかります。

追加融資や増枠についても、何度か返済の実績を作れば相談に乗ってもらえます。

申込方法

株式会社エクセルの申し込み方法は3つあります。

  • インターネットからの申し込み(パソコン・スマホ・携帯)
  • 電話での申し込み
  • 来店での申し込み

この中のいずれかの方法で申し込みをしたのち、審査となり通過すれば融資実行となります。

申し込みに必要な書類

身分証明書(免許証や健康保険証、パスポート等)

場合によっては給料明細書等が必要な場合もあります。

即日融資してもらうには

エクセルで最短の即日融資をしてもらうにはインターネットか来店の申込です。

即日融資を希望する場合は、ネットからの申し込みするか、来店で申込みすることになります。

返済方法

返済方法は指定口座への銀行振り込みになります。

振込手数料は利用者負担になっていますので手数料無料で振込できるネットバンキングを利用することをお勧めします。

少しでも金利の負担を減らしたいですものね。

キャッシングエクセルの口コミ・評判

エクセルの口コミをネット上で探してみました。

全国展開のネットキャッシングサービスに力を入れているので借りている人、借りれなかった人さまざまな意見がありましたよ!

良い口コミ

・他社はことごとく否決だったが、ここは20可決。書類返送後の振込だから4日くらいはかかるかな。対応した小倉店の女性も良く神でした。

・破産免責2年、他社4社50万、年収560。午前中にホームページから申込み。約2時間後にTELで5分ほど確認があり、その後在籍確認。昼前に20万で可決していただきました。本当に助かりました。担当の女性もハキハキとした話し方で感じが良かったです。

悪い口コミ

・個人情報を収集するだけの会社。

・審査が思ったより厳しく最初から融資する気がない。

ただ、この悪い口コミというのは、審査に落ちた人の恨みつらみが書かれている事が多く、どこの消費者金融でもある口コミだと思います。

良い口コミを自作自演で書いて沢山人を集め、結果口コミと違うという事になり悪い口コミが急増する、といった金融会社もある中、エクセルは地道に正当に営業、審査をしている事がうかがえます。

エクセルという闇金がある!?

株式会社エクセルという闇金があるのでしょうか?という質問が知恵袋に出ていました。

正規の消費者金融であるエクセルの名前を騙っているサイトがあるので注意して下さい。

エクセルの公式ホームページ上にも、違法金融に注意と書いてあるように、エクセルの名前を使用した違法業者も存在するので注意して下さい。

まとめ

キャッシングアローの詳細をまとめると

メリット

  • 全国対応でネット申し込みの振込キャッシングが可能
  • 中堅消費者金融では珍しい借換ローンの取り扱いがある
  • 最短30分審査の即日融資が可能
  • 大手に比べて審査が甘い!
  • 店舗があるので来店で即日融資も可能!

デメリット

  • コンビニATMでの利用が出来ないので利便性が悪い
  • 金利が高い

消費者金融のエクセルは大手消費者金融と比べると金利や融資スピードに少し差があるのは事実ですが、貸してもらえなかった人に融資可能性がある!というメリットは何物にも代えがたい事ですよね。

大手にはない審査の柔軟性が困っている人を助けてくれる一番大切な部分です。

ブラックで諦めてしまっている方、大手では審査対象にもならなかったという方、個人事業主で保証人なんて見つからないという方、現状を重視して審査、融資してくれるアローに一度申し込みしてはいかがでしょうか。

これらの情報が役に立てば幸いです。

他の中堅消費者金融一覧ページも参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする