クレジットカード現金化をカード会社が嫌がる理由

クレジットカードの現金化は合法なのかどうかわからない人が多いと思います、現在ではクレジットカードの現金化は違法とは言い切れない部分もあり、かなりのグレーゾーンの手法となっています。

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えてくれる業者がたくさんありますが、このような業者を利用してショッピング枠を現金に交換しても大丈夫なのでしょうか?

基本的にカード会社がショッピング枠の現金化を嫌うのは規約違反となっている会社が多いです。

実際に、現金化がバレてしまうと、強制解約になってしまうクレジットカード会社も存在します。

特に、JCBやアメリカンエキスプレスは、現金化に厳しい会社と言われています。

しかし、現金化が規約違反というのは、建前のお話というクレジットカード会社も存在します。

よく考えてみると、どんな利用方法であっても、ちゃんと払ってくれればカード会社はダメージ受けません。

ただし、現金化をする、しざるを得ない、人は相当資金繰りが苦しいはずです。

レート9割であれば1割、8割だと2割の月利相当で、圧倒的に高い金利になります、下手すれば闇金並みの利息を払わなければならないケースもあります。

それでも利用するということは、キャッシング枠を食い潰している、他社カードローンも組めない、などの追い込まれた状態が予想されます。

その場をしのげたとしても、いずれ破綻してしまうのはみえているので、カード会社は(建前の規約違反を理由に)利用停止や強制解約で、自社の債務を増やさないようにする訳です。

このような理由から、現金化をしてはいけないというカード会社が多いのです。

カードの現金化を考えるなら、もっとオススメの方法があります、カードの強制解約の心配もない安全な方法です。

ブラックでも即日融資!ということで今注目されているのがこの「給料ファクタリング」という資金調達方法です。

あなたが来月や次回もらう予定の給料と言う名の債権を、先に買い取ってもらい今すぐに現金を手にすることができる「債権買い取り」をファクタリングと呼びます。

給料の前借りのような感覚が一番わかりやすい例えだと思います。

仕事をしている方なら正社員は当然、アルバイトやパートでも3ヶ月以上勤務歴があれば利用可能です。

お金を借りるのではなく、給料債権の買い取りということで個人の金融審査はなく、ブラックでも即日融資が可能な注目の方法です。

給料ファクタリングの詳細

クレジットカードの現金化と違って、返済義務もないので、オススメのお金の借り方です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする