中堅消費者金融で可能な即日融資の注意点

全国展開している大手の消費者金融の場合には、テレビやラジオ、週刊誌などのコマーシャルで即日融資をうたった宣伝をしていることがほとんどです。

これらの会社は駅前やバイパス沿いなど人や車の通りが多い場所に無人契約機を設置したり、あるいは有人の店舗を設置したりして、契約をするのに便利なようにしています。

また最近ではインターネットを使ってあらかじめ仮審査の申し込みができるようにしている場合などもあります。

もっともこのような大手の消費者金融が近くにない場合や、すでにこれらの会社から借り入れをしていて、別の会社にしたい場合などもあるはずです。

このような場合に役に立つのが地域にある中堅消費者金融の会社です。

もちろん大手ではありませんので宣伝も大々的に行っておらず、知名度の低さは否定はできませんが、そのかわりに地域に密着して営業を続けてきたという強みがあります。

大手のようにマニュアル対応で実際に借り入れができるかどうかが決まるということはなく、申し込みをした人の実情に応じて柔軟な対応をしてくれるところも多いのがメリットです。

そのために中堅消費者金融ではあっても、申し込みをしたその日に必要な金額を銀行の指定した口座に振り込んでもらえる、いわゆる即日融資に対応していることがあります。

実際に即日融資が対応可能とはいっても、やはり会社による審査は受けなければなりません。

そのため最低限、運転免許証などの本人確認をするための書類は提出することが必要となりますし、場合によっては源泉徴収票や給与明細、確定申告書の写しなどの提出も求められることがあります。

また中堅消費者金融であっても大手と同様に貸金業法の規定が適用されますので、申し込みをした人の年収の3分の1を超過するような貸し付けは法律で認められていません。

これは専門用語で総量規制といいますが、他の会社からの借り入れがある場合には、新規の借り入れに加えて既存のものも含みますので、既存の借金が多すぎる場合には、審査をするまでもなく、法律の規定により落とされてしまうことがあります。

これらを踏まえた上で審査の基準をクリアすることができていれば、事情に応じてすぐにでも対応してもらうことが可能です。

その際に気をつけておきたいのは、銀行振込での融資を受ける際には、手続きが銀行の営業時間外になってしまうと、即日融資をしたくてもできないことがあるという点です。

したがって通常であれば銀行窓口が閉まる15時よりも前に、契約手続きがすべて済んで、振込の段階まで至っている必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする