一部上場企業に勤務している人が中堅消費者金融を利用する2つのメリット

一部上場企業に就職されている方は、中堅の消費者金融から申し込みしたら、審査に通る可能性がかなり高いと思います。

通常、一番初めに消費者金融を利用する場合は、アイフルやアコムなどの大手消費者金融に申し込みされる方がほとんどだと思います。

しかし、大手消費者金融は、いくら一部上場企業に勤めているからといっても審査が否決になってしまう場合もあります。

消費者金融に申し込みしてしまうと、CICやJICCなどの個人情報機関に申し込みしたことが記録として残ってしまいます。

アイフルやプロミスなどの大手消費者金融に申し込みして、お金が借りれなかったら、個人情報機関には申し込みしたことがある人だということで次に申し込みする消費者金融に注意の目で見られてしまいます。

そうなってしまうと、中堅の消費者金融でも少し厳しめの審査になってしまう可能性があります。

このことを回避するためにも、一部上場企業に勤務していて、確実にお金を借りたいなら、初めから中堅の消費者金融に申し込みされることをオススメします。

中堅の消費者金融なら、大手の消費者金融より審査が甘いです、もちろん一部上場企業に勤務されている人なら、喜んで融資をしてくれる可能性が圧倒的に高いです。

しかも、初めて申し込みするとなると、大手消費者金融なら通常は30万円くらいの融資のところが、いきなり50万円の融資を受けられる可能性もあると思います。

普通の考え方なら、一部上場企業に勤務している人は、大手消費者金融に申し込みされる人が多いと思いますが、より高額な融資金額を希望するなら、審査が甘い中堅の消費者金融に申し込みされるのも一つの手段だと思います。

自分は一部上場企業に勤めていて、どうしてもお金が必要と考えている人こそ中堅の消費者金融を選んで下さい。

お金を借りられる可能性が高く、しかも高額融資を受けられる可能性が高いです。

万が一、自宅に郵便物が届いてしまっても、大手消費者金融のアコムやアイフルなら封筒を見たら、身内に借金がすぐにバレてしまいますが、中堅の消費者金融なら、エニーやセントラル、ニチデンという名前で封書が届くので、何の会社かわからないので借金のことがバレるリスクも少ないと思います。

一部上場企業に勤めている人は、お金を借りられる属性がかなり高い人です、これを上手に利用して確実に高額融資を引き出すには、大手消費者金融ではなくて、中堅の消費者金融を選ぶのが賢い選択だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする